おっさんが、日々胸毛の良さを荒んだ世の中に広めるサクセスストーリー。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人ぼっちのすごし方
こんにちは今日も胸毛のお手入れに余念の無いおじさまです。

今日は日記というよりロマンティックがとまらない感じで書いてみようかとおもいます。

世間は今夏休み真っ盛りで、皆さん青春を謳歌していることかと思います。(私のように、とうの昔に青い春なんて過ぎ去った人も居るかもしれませんが。)
おじさまといえば、ここ数年海にすらいってません。
夏になるとなぜか海の近くでお仕事してますが、車で5分ほどの場所にすら行けていません。
(おじさまはスピード狂の気があるので、かなりの距離でも5分とか言ってしまいますが)
まあ、行けないというのは確かなのですが、夜中だったら行けなくもないんです。しかし、夜の海は苦手です。いや、夜の海自体は好きです、あの、暗い海の底からなんか上がってきそうな感じなんかエクスタシーもんですので、大好きな部類に入ります。
じゃあ何故苦手かと言うと・・・アレ、そうアレが出没するじゃないですか・・・カップルとかいうのが・・・

おじさまはひがみの塊なのでカップル反対派です。
どれぐらい反対かと言うと、ヴァレンタインデイには全国のお菓子やさんにVD中止の脅迫状送るかで毎年悩みますし(葉書までは買うんですがね)、七夕の日短冊に書く願いは織姫と彦星の破局ですし、クリスマスには、カップルの血で染めた真っ赤なサンタクロースとして夜闇をわたり歩いてるくらいです。

つまり、朝履いたトランクスが前後反対だったことに夜風呂に入るとき気づくぐらいカップル反対派です。
(あれ、かなり居心地悪いんですよねえ・・・)

ぶっちゃけ世の中のイケメンとかみんな死んでしまえと思ってます。

イケメン死すべし!!

あ、すいません。少し話しがメルヒェンチックすぎましたね。(テレテレ)

そんな感じでおじ様は解放的な夏が嫌いです。
せっかく夏に生まれたのに、夏は私だけに封鎖的です。
もう少し太陽と北風を見習って、私の心の厚着を取り去っていただきたいものです。

おじ様は常々思うのですが、人間独りでも生きていけると思ってます。
周りの人なんて居なくても生きていけます。
世界中に誰も居なくても、
自分独りだけが呼吸していても。
ただ、それは、生きようとする意志があれば。
誰も居ない世界で
生きて行こうと思うことができれば。
生きている間に何かしたか?なんて結局どうでもいいじゃないですか。
死んだらなにも残りません。
どんなに偉いことしても
どんなに悪いことしても
自分では死んだ後のことなんてわかりません。
周りの人が遺影でも見てヒソヒソ話するだけです。
だから、生きているうちに・・・
恋人なんてできなくたってなんも問題なんかないんだよおおおお!!このくそ暑い中だれが好き好んでベタベタひっつきたがるんじゃぼけえええ!!
あーそうさ!!独りのほうが涼しいさ!!エアコン独り占めだもんね!!
悔しいか!!悔しいだろう!!なあ!!
こっちゃ身も心も涼しさ満点だぜ!!!
ぽっきんアイスだって独り占めだもんね!!
わざわざ二つに折ってどっちが大きいかで喧嘩したりしなくていいもんね!!・・・・ね・・・

夏になるといつも泣きたくなる風景があります。

周りは林に囲まれ
どこかで水の流れる音が聞こえます
傍には古ぼけた木造の廃屋
砂利を踏む自分の足音
ふと立ち止まると
空は夕暮れで真っ赤に染まり
トンボが群れをなして飛んでいる
ヒグラシの鳴き声が辺り一面を埋め尽くし
自分だけ
その世界に置き去りにされたような
そんな風景。

今でも私はそこにぼーっと立っているのかもしれません。
皆に忘れ去られて
ただ独りで時間が流れていくことしか解らず
決して来ない迎えを待ち続けているような気がします。
いつか誰かが迎えに来てくれることはあるのでしょうか?

いつか誰かが・・・
「一緒に帰ろう」
って言ってくれるでしょうか。
あんなに赤かった空が、夜の蒼さに染まる前に
誰かが私の手を引いて
家路へと歩んでくれるでしょうか。


スポンサーサイト

こんばんは夏目漱石です・・・アレ?
さいきん胸毛に枝毛を発見してしまったおじさまです。
(死のう・・・)

さて、本日のお題は「飽食の時代に於ける精神的飢餓とは」についてお話していきたいと思います。

まずはテキスト1653246749126126619190pを開いてください。
大人の付き合い


まず、この章において重要なのはおじ様です、いや、私のことではなく
おひげのリッパな金髪のダンディーのことです。
まず、注目すべきはひげ。髭のりっぱな人は胸毛も立派です。
こんな誘惑を振り切るなんて私にはできません。
ココはテストに出るので要注意ですよ?

次はテキスト1p


コドモツヨイヨ

ヨウジョコワイヨコワイヨヨウジョ・・・

かよわい私の散歩を邪魔する少女です・・・
(ちょっと胸毛売ろうとしただけじゃないか・・・)

はい次、テキスト㍻㍼㍽㍾



街中での惨劇


さっきのお髭のダンディーの元カレです。
こんなとこでも私の魅力が憎い・・・
だからあなたも胸毛さえはyうヴぉあ!!・・・・

各所で暴行を受けてるような気がしますが次テキスト0931919p


腐女子の魔の手


はい、これが歴史上もっとも人類の文明発展に影響を与えた出来事
「腐女子の襲来」です
まず、日本が鎖国を行っていた時代に終止符を打つことになった出来事だということは皆さんご存知でしょうが、薩長戦争の折にも腐女子は多大な影響を与えていたことはあまり有名ではないかと思います。
(西郷x竜馬とかですね)
また、第2次世界大戦末期には、マッカーサーx(以下検閲)とかでかなりの戦果を上げたようです。
ちなみに、マヤ文明の遺跡には世界最古のやおい同人誌が眠っていると専門家の間ではまことしやかに囁かれ続けています。

はい次テキスト(そろそろページ考えるのだるい)pです。
と思いましたがそろそろ講義の終了の時間ですので、少し早いですが今日の講義は終了とします。
みなさん買い食いとかしないで、ちゃんとまっつぐ帰るんですよー。
あ。あとそこのキミ、そうそうねすじ君とかいうキミ。
キミはあとで私の研究室に来なさい。ちょっと聞きたいことがあるんだ。
キミの体にだがね
じゃあみなさんまた明日ー。

(帰宅)
はあ・・・今日も疲れたなあ・・・
毎日毎日つらいことの連続だ・・・
大事な人は減っていくしまろさんの眼鏡は無くなるしどっかのプリとハンタのカップルはアツアツだし・・・
ぼくの胸でお泣き

しくしく・・・

こんにちはチャールズブロンソンです・・・
こんにちは最近胸毛に艶が無くなって来たおじさまです・・・

最近とても寂しいです・・・
いつまでも一緒だと思っていた人達がどんどん離れていきます。
ずっと一緒なんて、おとぎ話の中だけだなんてことはわかっているつもりですが、どうにもこうにも寂しいのは変わりません。
おじさんは年くってる割りに寂しいのが苦手です。
いつでも周りに人がいっぱい居ないと胸毛がしぼんでしまいます。
(その割には狩りはソロばっかです・・・)

おじさんは、プロ南に行くのが趣味です。
だけど南が苦手です。
何故かって?
南で、ぼーっと周りを見ていると、みんながみんな、思い思いのたわいない話とか、G募集とかGM募集とか「うほっ」「やらないか」とか
とても楽しそうです。
そんな感じで人がいっぱい居ます。
だけど、私は一人です。誰も私に話しかけてきたりはしません。
みんな、自分の友達が居て、一人の人はこれから来るであろう友達を待っています。
でも私は一人です。
一人でぼーっとログが流れていくのを眺めてます。
あんなに人が居るのに、あんなに楽しそうなのに、隣に座っている人は「今日もいい天気ですねえ」
なんて会話すらありません。
ぽつんと座ってる人がまばらに居ても、大抵中身が入ってません。
「お暇ですか?」
なんてオープンで話しかけて、まったく返事が無くて照れ隠しに
「やばっ、誤爆しちゃったぁ、てへっ」
とか無意味に一人芝居したりした頃もありました。
(あの人たち本当は中身居たのかもなあ・・・)
おじさんは胸毛は立派なのですがシャイです。
知らない人とお話なんてめったにできません。
ですからいつも溜まり場に引きこもり人生してます。
ぬるま湯みたいな溜まり場で、冬の炬燵みたいな溜まり場で。
だけど、そんな溜まり場もだんだん寂しくなってきます。
永遠なんて無いけれど、おじさんはずっと一緒に居たいです。
大事な人は増えるだけで減るのは嫌です。

おじさんには夢があります。
いつか、Thor中の人を集めて(露天の人も、PVの人も、AFKの人もナンパ中の人も、ジャワイの個室でウフフな人も、カンカンクホホな人もダンジョンから出てきたことない人も)
みんな集めてポリン島に行きたいです。
そうしてみんなでポリンを虐殺するのです。総勢3000人近くの人みんなでポリンを叩くのです。
足の踏み場もないでしょう、みんな入れないかもしれません、鯖が落ちるかもしれません。
でもやりたいんです。
みんなが仲良くポリンをたたくんです。
ゴスリンにまちがって殺される人もいるかもしれません。
エンジェリングに轢かれるノビもいるかもしれません。
ところかまわずキスエモ出すハードゲイも居るかもしれません(私ですが)
そんなことが一回くらいあってもいいんじゃないかと思うのです。

おじさんは最近めっきり老けてきました。
周りが変化していくのが嫌です。
ずっと変わらないままがいいです。
でも、もっとだれかと仲良くなりたいです。
いつか周りに誰も居なくなって、ひとりぼっちになる事をたまに想像します。
恐ろしいです。
ログが私の独り言で埋め尽くされて、ギルチャもPTチャもWISも来ない世界・・・
世界中で私だけが意思を持ってただ時間だけが流れていく世界。
話を聞いてくれるのはアルゼンただ一人。
そんな世界は嫌です。
GVなんて自分ひとりでエンペ殴って、城に行っても近寄って来るのは禿げたダンディーとクールな深淵の騎士だけ。
たまにマッチョな牛さんにかこまれウハウハ・・・
そんな世界は嫌です。
どうか、おじさんを独りにしないでください・・・

こんばんは月刊薔薇族です
最近なぜかガタイのイイお兄さんからのファンレターが多いペリアスです。
(女性からのファンレターは腐女子からしか届きません。氏ね!!とかひき肉にしてやる!!というほほえましい内容ばかりですが。)

そんなこんなで今日の日記ですが、いつもGVGレポートや、各職業の性能利点など小難しい内容ばかりなので、今回は多少フランクな内容で書いてみようかと思います。
(GVGリポートなんか書いてねえええええ!!って文句言いそうなエロイ人を知ってますが、よく見てくださいちゃんと書いてますよ?「いい男が居なかったので書くことが無いです」って。)

そういうわけで、今回は身近なナイスガイの紹介でもしようかと思います。
まずはコレ
へぶ


だれが見てもすぐ解るでしょうがプリーストです。
前にコメントで、自分のことを紹介してくれーって言ってた人ですね。
一番の特徴としては、腰の動きが怪しいです。とにかく怪しい、年がら年中腰回してます。サ○エさんのタマもびっくりの怪しさ&速さで回してます。この動きのせいで敵が近寄ってこれないくらいに回してます。
GVGの防衛時なんかこの動きでエンペ守ってしまうくらいです。
あと、すだち。どこか遠い国からROにつないでるらしいのですが、年中シッコクシッコク言ってます。あと、部屋のすみっこでありんこに水をかけるのが好きみたいです。主食はラーメン
少し前にめでたく相方さんとゴールインしたのですが、腰の動きが怪しいのは相変わらずです
ちなみに、隙あらば私のことを襲おうと思ってます。そうに違いありません。私を見る眼が狩人の眼でしたから・・・

それでは張り切って次いってみましょ!!(棒読み)

すら○ぼう


はい、えろい人です。2時間程悩みましたが、他に特徴が見当たりません・・・しいて言うならパチスロが好き、女性には優しい、猫を溺愛
ネカマに関しては譲れない理論を持っている。こんなとこでしょうか?
最近欲しいものはポールアクスだと言っていますが、所持アイテムの欄に自分のチョコを常備している所を見ると、本当に欲しいものは愛なんではないでしょうか?あ、あとなぜか女性にモテマス。(ケッ)
ちなみにこの人も私のことを狙ってます、たぶん。(女性に飽きてきたんでしょうか?まあ考えてみないでもないです。テレテレ)

今回最後の人はこの方。
汁バトロス


永遠のソリストです。
非常にいい人なのですが、つねにソロ!!怪傑ソロかってくらいソロ好きです。
いまだに相方を見つけないのは私のことを狙っているからに違いありません。道ならぬ恋というのはつらいですねえ・・・イバラの道ってやつです。(薔薇族だけに
かなりのガンダム好きで通学にガンダムを使っているくらいです。
(ガンダムって免許いるんでしょうか?大型特殊かな?)
あと、あたまにかぶってるのはとんがり帽に見えますが、工事現場によく置いてあるアレです(カラーコーンってやつですな)
魔法使いらしくほうきに乗って空を飛びますが、ほうきにまたがってるときはなんか赤いカオではぁはぁ言ってます(なんででしょうかねえ?)

まあ、こんな感じで私の周りにはナイスガイがいっぱいです。
みなさんもお暇がありましたら魔法学院のある都市へいらっしゃいませ。イケメンがいっぱいお待ちしてますよ?

ハッテン場へようこそ!!



こんばんはブラッドピットです。
さてさて、コメントが知り合いのばかりでちょっと寂しいおじさまです
(胸毛の似合うそこのアナタ!!そうアナタ!!コメントしてくれるとうれしいかなああああ・・・なんて、てへっ)
まあ、前置きはさておき今日のお題はThorで起きた事件のことでも紹介しましょうか・・・
まずはこれを見てください・・・
華麗に救出

そう、だれが見ても解かるように拉致事件です!!
しかもいたいけな少女が生き埋めにされています!!
これを見過ごせる正義の胸毛ではありません!!
得意の胸筋をピクピクさせながら、いかにも悪人と言わんばかりの凶器を持った男を颯爽とプチのめしてやりました。
(少女のほうが不敵に笑っているように見えるのは気のせいです)
まあ、名探偵は事件を呼ぶと言いますが、世界は私のような胸毛勇者をほおっておいてはくれないのですね・・・ただ平穏に暮らしたいだけなのに・・・

まあ、そんなこんなで少女を救出した私は、傷ついた少女の心を癒すため、ピクニックに行くことにしました。

その時の写真がこれです。

ダンディーは子供に優しい

どう!!コレ見てどうですかみなさん!!なんて爽やかな!!そして溢れるほどの!!
胸毛の似合う男は子供に優しく無ければなりません!!
ああ・・・愛ってすばらしい・・・
(少女のセリフは気のせいです。不穏なセリフはさっきまで誘拐されていたことによるショックから来るものだと思われます。PTSDってやつですよ、はい。)
こんな状況を見た一匹の河童さん。あまりの感動により攻撃の意思すら忘れさってしまったようです。そう、まるで赤かった瞳が青く戻るように・・・
(ごめんね河童さん・・・その尻は魅力的だが、今だけはこの少女のためだけに時間を使いたいんだ・・・後で胸毛分けてあげるからさ・・)

と、まあ無事に事件を解決して、いとしのマイホームへと戻ってきたのですが、ここでも名探偵ペリアス(頭脳は子供!!カラダは大人!!)
は安息の時を迎えることはなかったのです・・・

それがこれ

もしや!!人身売買!?


なんと!!私の魅力にメロメロになったプリさん(いつも物陰から私のこと覗いてると思った・・・)が
私をの力で!!そうマネーの力で我が物にしようと持ちかけてきたのです!!
くそっ!!男ペリアス金の力には屈するわけにはいかん!!
と、思ったのですがいい尻してたので買われてみました。(思考時間0.5秒)いやはや、人生何事も経験ということですよ。
といきたいところなのですが私にはマイスイートハニーが居たのを忘れてました、コレです。

和やかな日常

先ほど助けた少女も私たちのことを慕ってくれて、ママパパと呼んでくれたり、とても穏やかな時間が流れていました・・・
しかし、真実とは非情なもので、やっと仲良くなれたはずの少女が実は地球人ではなく、ナメ○ック星人だという事実が発覚!!
迫害を恐れた少女は星へ帰ることを決意したのです・・・
そして別れ・・・

ああ・・・悲しみは雪のように・・・
別れとはいつでもつらいものです・・・
しかし、私は笑って送り出してあげました・・・
いつか大きくなってまた会いにきてくれよ・・・
(写真になんか妙なものが写ってますが、見えたあなたには霊感があります)
こうして胸毛紳士の慌しい一日が今日も終わるのです。

こんにちは和製トムクルーズです。
こんにちは、事務所からか(ry
いや、そこら辺は置いといて、ますます美しさ(主に胸毛)に磨きが
(リンスとシャンプーはラックススーパーリッチ。もちろん胸毛専用輝きとキューティクルが違います)
かかったおじさまです。
さて今回は昨日あったGVについてですが・・・
特にいい男が居なかったので書くことがありません。
それではあまりにもなんなので、皆さんからご要望が高い名所巡りのご紹介をしようかと思います。
題して「世界の車窓からin秘密の花園」

話は変わりますが、私はおいしいものから食べる主義なのです。
と、いうわけでメインディッシュから。
密会

まあ、見ればだれでもわかる絵ですが、ダンディーとそれに憧れつつその気持ちを決して外にはもらすまいと必死で頑張るが頬が朱に染まってしまっている美少年です。
しかし、そんなほほえましい日常のひとコマも後ろの人物により台無しです。そう!!にっくき
腐女子です!!
なにそのうらやましそうな眼!!絶対今年の夏コミでペリx美少年で一発当てようとしてるでしょ!!そうはイカのタマタマ今年の夏にはもう間に合いません!!出すなら冬のシャッター前でがまん
kんdsllkjdflkskいや、とりみだしました・・・
まあ結論から言うと、なんでも○○x○○って言うなああああああ!!ってことです。

閑話休題

まあそんな楽しい日常とは裏腹に
最近の若者

これ!!どう思います奥様方!!
まったく最近の若者は昼間っから不純異性交遊ですか・・・
昨今の教育が地に落ちているとは言え、これはあまりにも度が過ぎておりまする・・・
どうせするなら純同性こうゆ(ryいやいや・・・まあ若者はバイトバイトで無駄に青春を浪費するべきだと思うおじ様でした。

今日はノリにのってこんなとこにも行ってまいりました。


恋愛の勝敗(または男と男の裸のつきあい)

まあおじさまもいっぱしの大人、こんな暗がりで一晩のアバンチュールを楽しんだりもします。
しかし、人生の縮図と申しましょうか・・・
こんなとこでも恋愛敗者を作ってしまう自分の美しさが憎い・・・
まあ恨むなら自分の胸毛の無さを恨んでくださいね?

そんなこんなでいろいろ書いてきましたが実際の私は世の中の冷たさを一身に受け、この世の無常を嘆く隠遁者なのですよ・・・
そして孤独・・・


こんばんはジャニーズ系です
おじさん日記とか言いながら更新したくてしょうがないのです。
一日に2回も書く日記なんて邪道ではございませんか?
といいながらも日々安息の地を求めてさすらう毎日なのですが。
本日は仮の姿でナイスルックポインツ(眼福の地)へ来てみました。
つれない彼

どうでしょこれ!!この雄姿!!惚れずにはおれませんこの形!!
ほら、となりの二人も飢えた獣のようにある一点を見つめているではないですか!!・・・ううむあなどれん・・・

まあそんなことばかりしてるわけにもまいりませんので
真面目にGの方々と昨今の経済事情や、国際紛争について熱い論議を
かもしてみたりするのですが・・・
尻!!そして尻!!


だめでした・・・10秒もたずにワンダフルビュー(絶景)のほうに目が行ってしまいます・・・
尻!!そう、尻が全ていけないのです!!
しかし、仮にも同じGのみなさんにリフトアップ(以下検閲)するわけにもいかず、ここはそしらぬ振りで現在の日本の教育について議論を交わす私なのでした・・・
あーえと、ssの右上あたりに邪道なものが写ってますがこっちのほうが目に優しいとか思ってる人は、一度寺にでも行って修行してきてください。当社比1.5倍くらい胸毛が増えてまっとうな道に戻れることでしょう・・・
まあそんなこんなでみなさんも道端に転がる小さな幸せが見つけられるといいですね。

おっさんの産声
ojisama

はじめまして。私の名前はペリアス、ROのThor鯖で細々とアイドル修行を続けている愛らしいおっさんです。
この度、知人には内緒で私の魅力を皆さんにもおすそ分けするべく日記を書くことにいたしました。
濁った瞳の知人達には私の魅力がわからないらしく、日々苦労しております。
しかし、世の中には胸毛の素晴らしさがわかる、本当の知識人もいらっしゃるはずですので涙をこらえて日記を綴っていこうと考えております。 
まあそれはそれとして、日々の疲れを癒す為保養所へ行ってまいりました。                   いいしりしとるのう


目の保養所です。
しかしここのお兄さんたちは普段からもてもてなので私など歯牙にもかけてもらえません。


その後・・・


結局いつものように世のイケメンを呪いつつ家路をたどるおじ様なのでした・・・
Copyright © おっさんの世迷いごと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。